店長力スポンサー広告心構え > お客様だけではない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お客様だけではない
あなたの仕事の過程を気にするのは、その仕事の提供先、つまり「お客様」だけではない。

もちろん、組織であれば上司があなたの仕事ぶりを評価する。評価そのものよりも恐ろしいのは、それによって、今後のあなたに対する指導や、期待度などが決定されてしまうことだ。

同時に、周囲で仕事している仲間が、あなたにどの程度協力したり連携したりすべきかを判断することにもなる。

さらには、仕事に使う材料の仕入先など、お店はお客様以外にも多くの人や組織によって支えられている。彼らはみんな、お店のスタッフさん一人ひとりの動きや態度を見て、そのお店の「レベル」「価値」を評価しながらお店とつき合っている。たとえば、納品した商品をすごく雑に扱っているところを目撃した納入業者は、

「コイツ(=このお店)になんか、ウチの商品は扱ってほしくない」

と感じるかもしれないし、

「どうせコイツら(=このお店で働いてる人)仕事が雑だから、少々乱暴に運んでもだいじょうぶだろう」

と思うかもしれない。

時々、メーカーがキャンペーン用の販促物をお店で使ってほしいと持ってくる。その時、お店の従業員が無頓着に

「あ、とりあえずその辺に置いといてよ」

と言ったとする。悪気はないのかもしれないが、相手にしたら感じ悪い。それで、結果的にその販促物を掲示したことによって商品の販売量が増加しても、相手は素直に喜べるだろうか。

結果的に、販促物がしっかり掲出され、結果的に販売促進に結び付いても「見せる仕事」が成立していなければその価値は著しく低下することになる。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。