店長力スポンサー広告心構え > 付帯する一切の業務
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
付帯する一切の業務
本人が、「これは自分の仕事だ」とはっきり認識している特定の部分があると仮定すると、その周囲には、それと関連する「付帯業務」が必ず見出される。それは、周囲の他の誰かが担当している仕事かもしれないし、場合によっては特に担当という人が見当たらないグレーゾーンのような部分かもしれない。

また、その特定の業務は、より上位の、大くくりな仕事に含まれる一部分かもしれない。あるいは、自分の仕事の終了が、他の周囲の人の仕事の開始となるような「引き継ぎ」的な業務である場合もある。

「これは自分の仕事だ」という特定の部分が、他にどんな影響を及ぼしているか考えてみよう。そして、それはある意味では自分の仕事と「連なって存在している事柄」であり、もちろん、

まったく無関係ではありえない

よく、雇用契約書や、あるいは会社の定款(その会社が行おうとする業務の内容を定めるもの)などを見ると、主だった業務が挙げられた後、末尾に

「付帯する一切の業務」

という項目が入っている。悪い言い方をすれば「その他何でも、その場で発生するいろいろなこと」というような意味である。しかし、あえて言えばこれは、一つひとつの業務を結びつけたり、周辺に様々な業務が常に発生するということを示唆しているとも取れる。

自分の仕事の周辺に、どのような「付帯する業務」が散在しているか、そして、それは誰がどのように取り組むべきなのかを考えることが必要で、本来なら、それも含めて取り組まなければ、そもそもの「自分の仕事」も完結しないはずだ。

各人が「自分の仕事」というものを、ピシッと線引きされた重複のない分業で成り立っていると考えるのは視野が狭い。いわゆる縄張り主義・セクト主義を生む。

そうではなく、各人が自分の中心的な仕事の周辺にある付帯業務や、場合によっては関連性の高い他者の業務まで視野に入れて、それをも「自分の仕事である」と考えるようになると、チームは円滑に機能し、各人が提供する仕事の価値も高くなる。実はある意味で

付帯業務が共有される状態は、非効率であるというより有意義なこと

なのだ。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。