店長力スポンサー広告心構え > 結果を出すには
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果を出すには
むしろ、一定以上に仕事の質を高めようとすれば必ず、単なる「結果」ではなく、過程をより重視してゆくことになるはずだ。

たとえば、スポーツ選手が試合に臨む場合。彼らは、言ってみれば

「出場する大会・試合において、結果を出すこと」

さえできれば、別にどれだけ練習したとか、まじめに頑張ってきたとか、そういうことは無関係だ、という言い方もできる。他のどんな仕事よりも結果が大切な仕事と言える。

でも、どこの世界に、実際練習はすべてサボって、試合だけ勝てる選手がいるのか。

逆に言えば、練習しなくても勝てる程度の大会だけ選んで出場する選手がどこにいるのか。そんな選手を誰が応援しようと思うのか。むしろ、スポーツの世界でも、一流に近付くほど、単に「勝った」ということだけに価値を置くのではなく、ファンは

「どんな練習メニューをこなしているんだろう」
「どうしたら、あんなことが出来るんだろう」

というように、そこに至る過程を知りたいと思うようになるではないか。

過程や、パフオーマンス性をまったく考慮しなくても出せる結果なんて、そもそもたいした結果ではない、ということではないだろうか。

結局のところ、「結果」と「過程」は、ほとんどどんな仕事であっても両方問われるということで、結果主義を曲解している人は、自分の力を殺すような考え方を、わざわざ取り入れているのではないか。

どんな仕事においても、それなりの程度に認められようとするからには、過程を軽視するわけには行かないのだろう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。