店長力スポンサー広告心構え > 見せる部分は必ずある
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見せる部分は必ずある
実は、先に挙げた「提出型の仕事」というのも、それはその仕事を提供する本人が

「過程など関係ない」

と思い込んでいれば、そうだというだけで、実際には「見せる仕事」にあたる部分がまったくないかというと、別にそんなことはない。厳密には、本当に結果さえ良ければいい、と言い切れるような完全なる「提出型の仕事」というのは、ほとんど存在しない。

たとえば、結果的に優れた提供物を作る能力が高くても、会うたびにいつもダラダラして、やる気があるのかなんだか分からないという風であれば、そもそも、その人にその仕事を頼もうという気持ちが働きにくい。その人があまりに変な態度で作業している、となれば、必ずしも

「ぜんぜん問題ない」
「まったく影響ない」

と、相手が考えてくれるという保証はない。当然、仕事をやっているときの姿勢は問われる。その業務自体は「提出型」でも、それに付帯するさまざまな対人関係、顧客との接触がまったくない、という仕事もない。

むしろ、たとえば「書類を作る」とか、「商品を納入する」というように、その行為に限定しているから「提出型の仕事」になってしまうだけで、つまり本人の仕事についての捉え方、「規準」をどこに置いているかによって「見せる部分」をどう扱うかが決定されるわけだ。

腕のいい大工さんは、結果的に立派な家を建てるだけではなく、その家が完成するまでの過程で「さすが、名工だ」と見る人を唸らせる何かを持っていればこそ、腕がいいと認められるのだろう。

さらに、結果しか問題にならないからと言って、わざわざ、おかしな態度で作業する必要性もまったくない。

「結果を出す仕事」と「見せる仕事」、結局のところ、これらは自分の仕事に対する価値の置き方によって、どうにでもバランスの変わるものなのだ。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。