店長力スポンサー広告心構え > 結果が問われる仕事
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果が問われる仕事
しかし、考えてみると、一見まさに「成果」「結果」だけが問題視されるような種類の仕事も、あると言えばある。

典型的なのは、たとえば、書類や、ある作品など、完成物だけを提出するような場合。

たとえば、書類を提出しなければならないとき、その作成途中でいくら大きな間違いが発生していたとしても、提出する前にそれに気がついて適切に修正すれば、途中の間違いなどまったく反映されないし、問題にもならない。第一誰も気がつかない。確かに、書類ができるまでの過程に問題がある場合と、提出された書類に問題がある場合を単純に比べれば、結果だけが重要だ、というのも一理ある。

こういうタイプのものを「提出型の仕事」と呼ぶことができるかと思う。

それをもっと飛躍すれば、仮に、あなたがその作業をしている間、たとえばテレビを見ながら適当にやっつけ仕事をしても、または、寝転んで酒を飲みながらだらだら作業したとしても、まさに結果的に立派なものさえ出来上がれば別に誰も文句はないだろう、というような考えに偏るのも無理はないかもしれない。

もし、自分が純粋に提出型の仕事だけを扱っているのであれば

「結果的に良ければ、途中はどうでもいい」

かもしれない。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。