店長力スポンサー広告心構え > 現状維持の心理
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現状維持の心理
結果が悪く出ているのに、ルール通り、マニュアル通りやったから自分は悪くない、と正当化する姿勢は悪い。

ルールというものの位置付けや意味を理解して仕事していないと、平気でそういうことを口にするようになる。

そもそも、お客様の需要、お店を取り巻く環境はいつも変化し、また、お店は市場の中で常に競っている。「維持=衰退」と前に述べた。お店で提供する規準も変わる。

ルールとか、マニュアルとかいったものは、最初、少しずつ現状に沿った形にだんだん練られてゆき、一定の完成度まで収斂される。これは、実はそれほど難しいことではなく、いわば時間とともに、ごく自然にそうなってゆく。もちろん、それには内部にいる人の力が伴って行われる。

しかし、いったんそれが完成してしまうと、今度は、そもそも前提としていた状況なり、目的なりが変化したとしても、なかなか、それに合わせて変わるということができない。一度収斂されたシステムは、いつも

自分自身を守ろうとする

方向に力を発揮する。内部にいる人も、放っておけば「守る」方向に努力しようとする。要するに、店長さんであっても、その他のスタッフさんであっても、いったん慣れてしまったやり方を捨てるということは非常に難しいことなのだ。

だから、知らないうちにシステムは衰退する。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。