店長力スポンサー広告心構え > ルールは目的ではない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルールは目的ではない
単にルールを守ることが目的ではなく、お店というシステムを保護し、また、その機能をより向上することこそ目的なのだから、逆に、今の時点で、

「このことは特に言われていないが、どうなんだろう?」

と思い当たることがあれば、それを放置しておいてはいけない。

気が付いたことは、相談して解決するなり、新たなルールを提案するなり、積極的な行動が望まれる。ルールがないことを理由に、仕事の目的と食い違う行動が許されると考えるのはおかしい。

私のお店のルールとして、スタッフさんに読んでもらうことになっている一文を紹介する。

----------------------

当店の方針や、ルールに反した場合、そのことを指摘されてから、あなたが他の意見を主張しても聞き入れません。言いたいことは、その行為をやる前に言ってください。

ルールや方針以前の一般常識的なことは、仕事をする以上自覚していて当たり前ですので、そんなことは聞いてませんとか、知りませんでしたとか言っても聞き入れません。そういうことは仕事に就く前に確認してください。

具体的にルールなどが決まっていない事柄について、自分の都合で判断していいんだ、ということではぜんぜんありません。当然のことはルール化していないだけです。問題は仕事の目的と方針に合っているか、反しているかということに尽きます。細かい言い訳やへりくつは聞き入れません。

この手の問題は、今から何度も指導を受けてだんだんできるようになればいいというような性質のものではありません。注意されてからはじめて知るようなことでもありません。今度から気をつけますと言っても、原則聞き入れません。今この段階でよく考えておいてください。

----------------------

実際には、いわゆる「しつけ」とか、正しい方向への誘導という観点も必要だと思う。しかし、それとは別に、このように早い段階で「ルールの意味」を伝えることも不可欠だと私は考えている。

残念だが、いわゆる「性善説」に基づいて、働く人個人の常識や良心に期待できるという幻想を抱くことは非現実的だと思う。また、仮にそもそも性善説ならばルールは当然に遵守されるだけでなく、より積極的に向上してゆくのが当たり前だということになる。お店で働いているすべての人にとって、それはごく自然に受け入れられる想定だろうか。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。