店長力スポンサー広告心構え > ルールは、システムを保護する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルールは、システムを保護する
お店にしろ何にしろ、仕事には必ずある「ルール」が存在する。マニュアルというものも、働く人たちがそれに則って行動することが求められているわけだから「ルール」のひとつである。

ペナルティが付随しているかどうかは別として、ルールというものは本来、整合性のある一定の体系として成り立っていなければならない。たとえば、そもそも雇用契約があり、就業規則が定められていて、その下位に評価基準や日々の勤務に関する取り決めがある。そして、より具体的な手順や方法論を定めたマニュアルがある。

つまり、マニュアルとは、関連性なくそれぞれ独立で存在しているものではなく、お店というシステムの中で「ルールの体系に含まれているもの」でなければならない。

前に言ったように、お店というのは一種のシステムである。ルールは、もちろん、お店が全体として、ある規準を満たしたサービスなり販売取引なりを提供するための、「システムの秩序」として機能するものだ。だから、ルールそのものの否定は、システムの否定となる。

そして、どういうルールがあるべきか、また、それぞれのルールがどう適用されるべきかは、「システムの秩序」に照らして考えなければならない。もし、自分なりに考えて、

「このルールがおかしいのではないか」
「マニュアルのこの部分は、変更した方が良いのではないか」

と感じた場合は、まず、この点を考えてみる。

少なくとも、こういう場面に出会ったときは、

仕事本来の目的に立ち返ること

が必要だ。あなたに求められていることは、「ルールを守ること」自体ではない。お店にいて、お店のルールを守っていることによって、対価が発生するわけではないのだから。

決して、自分にとって不都合だからという理由で、ルールは変更すべきでない。自らの行動を振り返って、「仕事の目的に反した」ことを行っていないか、十分に考えてから言わないと、自ら首を絞めることになりかねない。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。