店長力スポンサー広告心構え > PDCAとは
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PDCAとは
課題の解決や、規準の変更・向上を行うときには、その実行過程を

P(Plan=計画)
D(Do=実行)
C(Check=検証)


というサイクルで捉えると有効であるとはよく言われる。これは、いずれどこに言っても言われることなので覚えておく。「PDCサイクル」または、

A(Action=見直し)

を含めて「PDCAサイクル」などと呼ばれる。

の段階で重要なのは、自分が感じた課題や、お客様の言動から観察した結果を「仮説」として明確に提示することだ。結局、PDCサイクルとは、仮説の継続的な発見と修正であるといっても過言ではない。

について、頭の中でPDC,PDCと唱えていても何も変わらない。この意味で、私は「PDC」と言うより、実質的には行動を起点とした「DCPサイクル」と呼ぶべきであるとも思っている。つまり、行動が伴わないところに何ら結果は出ないわけで、往々にして、「PDC]などというビジネスチックな用語を使い出すような時期というのは、一方で「体を動かさずに仕事をしているつもりになってくる」時期でもあるので、特に若いスタッフさんの場合、あらかじめ忠告しておきたい。

前にも言ったけれども、お店に評論家や監督は必要ないのである。

の段階は、ある意味で本人にとって最も有意義であるにもかかわらず最もおろそかにされやすい。仕事そのものは別としても、Cをおろそかにすると自分が成長しない。検証なくして成長はない。

の場面で大切なポイントは、最初に立てた「仮説」に戻ることである。よくあるように、結果的に「売れた、売れなかった」とか、「まあ、うまくいった、効果はあった」などというような評価で終わらせない。検証とは、当たった、外れたというようなことではなく

最初に立てた仮説は正しかったのか

という意味だと理解しておいてほしい。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。