店長力スポンサー広告心構え > 店長の拘束時間
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長の拘束時間
特に何の用もなさそうなのに、店長さんがずっと事務所に残っていたりすることがあるだろう。もちろん、単なる時間つぶしとか、他の理由による場合もあるが、店長さんの立場からすると、

「帰りたくても帰れない」

状況というのがある。人数は足りていて、別にやることもないように見えても、それでも店長がいないと対応できないことがあったり、店長がいないととたんにサービスやオペレーションのレベルが低下する、ということであれば、そのスタッフさんたちに任せて帰ることはできないというのも無理はない。

お店によっては、もうそういう関係が習慣になっていて、とにかく店長さんは朝から晩までずっといる、というお店が少なくない。私の知る限り、むしろ、そうしないと一定のレベルが保てないというお店の方が多いくらいだ。

そんな時は、スタッフさんにとっては、常に店長がお店にいることが当たり前になっている。店長がいない状態で仕事するなどということはあり得ない、というくらいに思っている。しかし、それが異常であることは、少し考えてみればすぐ分かる。

「どうして、店長は今お店にいるのか」

と考えたことがあるだろうか?それは、

「勤務時間が決まっているからか?」
「シフトに入ってるからか?」
「家に帰ると寂しいからか?」

自分自身のやっていること、やっていないことと照らし合わせて、何か理由は思い当たらないだろうか?

もし、自分が働いているお店がこういう状況だとしたら、客観的に見て、その状況を作り出している張本人は誰なのか、と考えて欲しい。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。