店長力スポンサー広告競合 > 自店の役割
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自店の役割
地域に超優良店があるとします。たとえば、売上が一番多いとか、または、お客様に支持されているとか。たとえば、そのお店がなかったら、今そこに来ているお客様は、みんなどこへ行ってしまうんでしょう。

近いから、と思ってあなたのお店に流れてくるお客様もいるでしょう。でも、もちろん、全員来るとは限りません。また、そもそも同じだけ買い物しようという気持ちにならないかもしれません。

ひとつ考えて欲しいのは、競合について考える際、

お客様は、「同じものを同じ頻度で買う」と考えるのは短絡的だ

ということです。あなたのお店のレベルが上がって、仮にお客様が競合店からこちらに流れたとしても、向こうのお店で買っていた通りの買い物をするわけではありません。当たり前ですが、見落としがちなことかと思います。つまり、他店より多く客を囲い込めば、他店に勝ったことになる、というような思想のもとに他店と張り合ってもあまり意味がない、という面も考えなければなりません。

だとしたら、あなたのお店と、超優良店とは、どこが違うのでしょうか。結局、この違いによって競合間の格差が発生するわけです。自分のお店も、そういう商圏全体からの位置付け、という視点で役割を見直してみること。これは、単発の表面的な改善ではなく、いわば、より包括的な「戦略」を見出す効果があります。

しかし、そういう点に取り組むには、ある程度の人的・物的・そして時間的コストが必要です。もちろん、その実現には、より長期的で、ある程度困難も伴うと思います。皆さんも経験があるかもしれません。こういう大掛かりな、抜本的改革のようなものは、たいていうまくいきません。

それは、いきなりやろうとするからです。日常的に多くの問題が山積になっている、と感じられる時期には、マクロ・ストアコンパリゾンはたいてい頓挫します。むしろ、イメージとしては

「今、お店は非常に順調で、問題らしい問題はない」

というくらいの状況の時にこそ初めて可能になるものです。ただし、そうは言っても、そんな状況がいつか訪れる、と考えるのは非現実的です。放っておいて、そんな日が来るはずがありません。

どんな一流店、超優良店であっても、常に内部的な問題を抱え続けて、それでも期待されるレベルを維持しているというのが本当のところです。

では、結局いったいどうすれば成功するでしょうか?
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
>akatukiさん
コメントありがとうございます。私は自店の改善の手段として競合に学んだり、気が付いたりというのは有効な手法だと考えています。

ただし、akatukiさんがおっしゃる通り、コンセプトの明確化から課題を特定し、改善を繰り返す、というのがお店にとって一番中心的な問題であるのは私もそう思います。それを度外視して他の優良店をただ真似するとか、勝った負けた、という視点で意識するのは、ホントに勘違いだと私も思います。

的外れではないです。特にコンビニの場合はコンセプトとか、何を提供しようとしているか、という面をおろそかにしがち。私自身時々思います。

こういう意見が聞けるのは嬉しいです。これからもお気づきの点はどんどん教えてください(^^)
2006/01/14(Sat) 04:21 | URL  | Y [ 編集]
まったく的外れな意見かもしれませんが書いてみました。
 他の店と自分の店を比べること自体がそもそも勘違いの始めではないかと思います。
 優良店とは店がもつコンセプトに対してお客様側からの望むレベル以上での対応等がちゃんとできてるかどうかでの判断ではないのでしょうか?
 その上での優良店以前の自分の店との対比でわかってくるのでは?下手したら店側の自己満足になってるかもしれません。
的外れな意見でしたらすみません
2006/01/14(Sat) 01:04 | URL  | akatuki [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。