店長力スポンサー広告競合 > 優良店たる所以
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優良店たる所以
たとえば巨大資本を投下して、あらゆる面において最高の買い物環境を整え、考えられる最高のパフォーマンスでサービスを提供したとします。たしかに、それなりにお客様の指示を得るかもしれません。しかし、それによって

「超優良店」

と呼ぶに値するか、と考えると、何だかそれとは違うように思えてなりません。つまり「ご立派な店」が、「お客様に最も支持される店」ではない、という気がするのです。

それよりも、本当に地域から愛され、お客様の支持を得、よって売上も利益も潤沢に見込めるお店こそ、いわゆる

「地域一番店」
「超優良店」

と呼ぶにふさわしいのではないかと思います。そして、私は思うのですが、そういったお店は、前提として

商圏が望んでいる理想的な役割

を認識しているのではないでしょうか。その、想定された理想像に合致する形で、すべてのオペレーションや、システムが「最適化」されている。そんなイメージを私は持っているのです。ですから、ここで言うマクロ・ストアコンパリゾンの最終的な目的も、まさにそこにあると思うわけです。

あらゆる面で、できる限りのサービスを提供します

などと臆面もなく謳っているお店というのは、どこかうさんくさいと私は感じてしまうのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。