店長力スポンサー広告競合 > なぜ、同じところにコンビニは出る
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ、同じところにコンビニは出る
しかし、さきほど考察したように、

「競合による売上の分散」と「集積による売上増加」は、同時起こる

という点を考えると、こういう出店方法も、単に無謀とは言えない面があると考えられます。つまり、もろに競合したとしても、その2店舗の合計売上は、競合が存在しない1店舗がそこにある場合よりは、明らかに大きくなります。

その場所は、もともと1件のコンビニが立っていた場所です。つまり、コンビニを立てるには、もともと立地が適した場所であるということです。お弁当販売チェーンの「オリジン弁当」が、常にコンビニ近隣に出店してくるのは有名ですが、それと同じように、全体的に商圏内の飽和感が著しい場合、FC(フランチャイズ・チェーン)本部としては、むしろ安全な出店策と判断できる場合があるわけです。

そして、たいてい実際に競合環境の中で切磋琢磨する本人はフランチャイジー(フランチャイズに加盟する店長さん)です。はっきり言って、「まあ、その人が頑張ってくれれば、本部としては別に文句はない」ということになります。

店長さんの立場で見ても、競合がごく近隣に存在しているのは、少し「威圧感」があり、また、後から出店してきたという「ひけ目」を感じないこともありませんが、それはあくまでも「精神的なプレッシャー」に過ぎません。

ところが、いけないのは(そして、しばしば陥るのは)店長さんが、何でもそれと結びつけて、

「こんな場所じゃあ、売上上がるわけないんだよ・・・」

などと考えてしまうことです。実際には競合に負けるのではなくて、自分の気持ちに負けてしまうわけですが、これは正しい感覚とは言えません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。