店長力スポンサー広告心構え > 自分に関係ない?
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分に関係ない?
「店長とか、お店の事情なんて、知ったことか」

と思ったかもしれない。実際に、アルバイトしている人からすれば、むしろごく当然にそう思うかもしれない。しかし、私が思うに、仕事というのは、そういうものではない。少なくともそれは、誰の得にもならない考え方だと私は思う。本人にとっても。

ただ、そうは言っても、単にお小遣い欲しさに安易にバイトしているというのが本音で、それ以上何も望まない人、また、仕事以外でもっと優先度の高い「やるべきこと」があって、今やっているお店での仕事に時間や気持ちを割いていられないのだ、というふうに思っている人というのは少なからず存在する。

とすれば、そのような本人の目的や、方向性を他人が少し話したくらいで変えさせることはほとんど無理な話であると思う。

ただ、前にも言ったように、規準なんぞどうでもいい、と考えていられるのは、そもそも自分の動機が、自分にとってどうでもいい程度のものだからだ。私は、動機そのものを非難しているのではない。つまり、問題は動機の種類ではなく、動機の強さのほうにある。

あなたが働く理由、目的は

「ちょっと小遣いが欲しい」

でも何でも、別に良いのだ。ただ、

「多少の犠牲を払ってでも、どうしても小遣いが欲しい」のか、
「どうでもいいが、まあ貰えるものなら貰いたい」

という程度に「欲しい」と言っているのか、そのことこそ大きな問題だと言っているのである。

そして、動機の強さはイコール規準を満たす意欲に結び付く。それが仕事というものなのだ。もし、仕事の規準を満たす努力は放棄するが、「小遣いだけは欲しい」という気持ちは誰にも負けないくらい強い、と言い張るとすれば、その人は少し狂っていると思う。

実際、ニートの人だっているんだから、「意欲」が出ないというのもそれはそれで仕方ない。(ここでは、積極的ニートという意味で言っている。)しかし、私が思うにニートと呼ばれている人たちは、ある意味で正直である。自分の動機の弱さを認めているからだ。

それよりも、意欲がないのに、それなりにあるふりをして、変な理屈をつけながら仕事からリターンだけを得ようとするのは、極端に言えば一番「詐欺的」であると思う。

仕事の規準を満たすつもりがなくて、それでも雇われ続けているのはどこかにウソがある。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

多くの場合直接の上司ですが、特定の誰かのさじ加減ひとつで自分の評価が大きく変わってくるといった場合には、当然その人に対する信頼の度合いがモチベーションに影響するでしょう。
2006/07/02(Sun) 17:07:12 |  仕事のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。