店長力スポンサー広告心構え > 店長の仕事、ではない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長の仕事、ではない
外から見ていると、意外にはっきり分かるものだが、

店長さん一人でがんばっている店

が多い。もちろん、お店は直接的には、まさに店長さんのお店なのだから、店長さんが一番がんばっているのは当たり前で、もし、そうでないなら、あなたがそのお店で働く意味は薄い。

しかし、現場のスタッフさんが、それぞれの役割をはっきり認識していなかったり、役割を果たそうという意欲が薄かったりすると、店長だけに負担が集中してしまうことになる。

負担が集中するということは、その人が本来一番力を入れなければならない部分に集中できないという結果を招く。

「それは、店長の仕事だから・・・」

と何でも押し付けていると、結果的に、店長さんは

店長の仕事ができない

ということになる。押し付けておいて、批判や評論だけするのなら、誰でもできる。それは、チームとしてあるべき姿だろうか。

もちろん、お店が繁盛するかどうかは、第一に店長の人格的信頼や、キャラクターというものが大きい。それに、チームとは言え、主に店長さんしか判断できないこと、権限のないことも多いだろう。それを軽視するつもりは毛頭ない。ただし、本来、お店にとって一番重要である店長さんの貴重なパワーは、「規準の維持」ではなく「課題の発見と解決」に振り向けられなければならない。

現状のシステムを維持することで、店長さんの力が使い果たされていると、お店は衰退する。

前に言ったように、お店は、「販売を繰り返すシステム」である。そこで働く人は、どういう地位や役割を与えられていても、全体として「チーム」でなければならない。

お店はシステムであり、お店で働くスタッフはチームである

この観点で、チームの一員として自分の立場を理解しないと、お店は向上しないし、本来期待される仕事は提供しにくい。そして、よくカン違いされていることかと思うが、これは

「できたらすごい」

というような、一部の人が行う付加的な事柄ではなくて、お店で働く限りすべての人に求められる

「必要なこと」

であると私は思う。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。