店長力 > 2011年06月
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マニュアルをよく読まない人も同じ
前の、アルバイトさんから作業を習えない人と同じことなのですが、現場で指定されたマニュアル類があってもあまり活用しようとしないタイプの人もしばしばいます。

いろいろに理由は考えられますが、よくないのは

「マニュアルはアルバイトさん用だから、私にはあまり関係ない」

とか、

「たいていのことは聞いたらわかるから、ざっと目を通しておく程度で十分だろう」

というふうに捉えている場合です。

これも、自分が置かれている今の立場を客観的に見ることができていない、という意味で非常に問題があります。
こういう人は、ある程度の時間をかけて、結果的にオペレーションができてればいいんだろ? という感覚しか持っていません。そして、態度とか考え方とか、そういう面で修正が必要であるとは夢にも思っていません。

つまり、一言で言えば、オペレーションさえ習得できれば自動的に管理的な業務も遂行できると考えている、それが大いなる誤解なのですが、だからマニュアルなんてそこそこの理解で足りるし、そこに明示的に書いてある、あるいは、行間に込められていることもありますが、そのマニュアルの背景になっている抽象的な知識や意図なんて考えようともしません。

マニュアルに対するその態度そのものが問題で、それ自体が

2 オペレーションに内在する考え方、相互の関連性、法則、方針といった抽象的な事柄

の未習得を露呈しているなどとは夢にも想像していないのです。
スポンサーサイト
アルバイトから社員化するとき
アルバイトで長く勤めている人を社員化することはしばしばあります。小規模で社員採用がままならないお店にとっては中核人材確保の有力な手段と言えます。

しかし、この場合すでにそのお店の環境に慣れているので「新人効果」を利用できないというデメリットはあります。

社員といっても、実際にやることはアルバイトと同じで、ただ便宜上、待遇的に社員にするというだけなら別にかまいませんが、店舗展開する際に店長を任せたいといった場合には案外問題になる場合もあります。

仮に社内で他の店舗へ異動できるならそれも一手ですが、同じ店舗で立場だけ変わって勤務を継続する場合には、基本的に今以上の意識や態度の改善はできないと考えておいた方がいいでしょう。

ということは、裏を返せば、将来社員化して店長候補になる可能性があるようなスタッフさんは、アルバイトとして入ったとしても、それなりに将来的な立場の変化の可能性を見越して初期指導を行った方がよい、ということが言えます。

「そんなの、本人次第だから、なってみないと分からない」

かもしれませんが、でも社員登用の可能性があるお店なら、アルバイトの段階でもある程度その可能性がある人物だ、くらいのことは予測できるかもしれません。

または、社員登用するのは素質として前に言った「タイプ1」の人みたいな、今後わざわざ指導しなくても、すでに十分そういう面が身についていると思える人物だけに絞るという方針なら問題はないかもしれません。

特に意識や態度の改善について周囲がとやかく言わなくても、そういうタイプの人ならば立場の変化を自覚して、自分で店長としてふさわしい意識なり態度なりに修正できるからです。
その人は本当に店長候補なのか
1 具体的オペレーション
2 オペレーションに内在する考え方、相互の関連性、法則、方針といった抽象的な事柄

を、2を強調しつつ同時進行で指導することになるわけですが、そうするとあまり1の習得を急ぐ必要はないことが分かります。

しかし、このように述べたとしても、

「そうは言うけど、オペレーションも早く覚えてもらわないと……」

と思うかもしれません。

でも、今お店のオペレーション自体が回っていなくて一刻も早くルーチンなどが可能なスタッフさんが欲しいというような場合なら、本当を言えば店長候補じゃなくて一般のスタッフさんを募集するほうが妥当なのです。

店長候補さんを育てるという観点から言えば、オペレーションのほうはむしろ2を学習するための題材のような位置付けになります。

しかし、実際は、オペレーションをやらせる人員が欲しくて、そういう人を「店長候補」という広告を使って確保し、結果的にその人が店長にでもなればラッキー、くらいに考えているお店が多いことも事実です。

まあ、逆に言って「単にオペレーションをこなすスタッフさんで、アルバイトレベルでないもう少ししっかりした人」などという募集を出して、でも給与や待遇はアルバイト並みになります、などと言ったところでだれも応募して来ないですから、致し方ないという実情も理解できますけど、その場合、

「どうして店長候補がうまく育たないんだろう」

とは、問うまでもなく理由は明らかというものです。こう言ってはなんですが、もしこのような事情で人を採った場合には、実質的に店長候補である人と、形式的に店長候補としてあるだけの人とは指導方法を分けて考える必要があるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。