店長力 > 募集
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルバイト求人・応募者の実情
募集と言うと、どこの店長さんもまず「募集費用」を考えます。たとえ費用をかけて募集をかけても、なかなか良い人は応募してきてくれません。それどころか、求人雑誌などに掲載しても、問い合わせの電話すら1件もかかってこない、という苦い経験をした店長さんも少なくないのではないでしょうか。

実際、私のお店(CVS)でも、数年前と比べてアルバイト応募者は格段に少なくなっているのが実情です。今の若い人はアルバイトしないんだろうか。一方でフリーターやニートの問題が騒がれているのに、特に、一昔前はアルバイトと言えば定番中の定番だった、コンビニにおいて応募者が激減しているのは、どういうことだろうと頭の痛いところです。

また、地域にもよりますが、少なくとも都内では、昨今は外国人留学生などのアルバイト応募者の比率が高まっています。コンビニでも外国籍のアルバイトスタッフを見かけることは珍しくなくなりました。応募してくる方は、みなさん日常レベルの日本語会話については、まあ何とか、問題ないといった程度には話せる方も多いのですが、やはり、仕事として接客に当たったり、ある程度専門的な業務を説明したりするということになると、難しい面もないとは言えません。

従来の感覚で何となく日々の業務をこなしているだけでは、このような変化にうまく対応することは難しくなる一方です。かといって、これを一発で解決するような特効薬はなかなか思い付くものではありません。

原因はいろいろ考えられますが、状況を冷静に分析し、トライアンドエラーを繰り返しながら、何とか対応してゆくしかありません。

とは言っても、私の見たところ、多くのお店では、その

○状況分析
○トライアンドエラー

自体を、放棄しているというお店も少なくありません。それで、「なかなか、いい人は来ない」「バイトが集まらない」と嘆いているばかりなのです。そもそも、「募集」とか、「人材確保」という面を自分の問題だと捉えていないのではないか、と感じます。



公開しました!

~小規模店舗のための~
「アルバイト採用、これだけやれば十分です」

PDF版 2,100円

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。