店長力 > 店長育成
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「店長候補→店長」の壁
コンビニなど、小規模店舗業においては、いわゆる「店長候補」に対する処遇や指導方法は宿命的な問題です。

特に、後継者が必要になった場合や、これから複数店化しようというタイミングでは大問題です。仮に資金繰りがうまくいったとして、出店できない理由はたいてい「任せられるヒトがいない」ということですが、単純に転職サイトなどで経験のある店長を募集して、すぐに任せてしまえばよいかというと、実際にはそううまく行きません。

そこで、たぶん経験則から、一般的に結局のところ一番効率がよく、確実性も高い、と思われているのが、

店長候補として雇用し、育成した後、店長として店舗を任せる

という方法です。ですから、おそらく多くのお店では「店長候補」という位置付けの人材を1名ないし若干名確保していると思います。ここでは、そういった立場の人特有の問題について考察してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。